元CAが教えます!機内で快適に過ごすための必須アイテムとおススメファッション。

スポンサード[adrotate group="2"]

皆さんは飛行機内にどんなものを持ち込みますか?? 機内での過ごし方によっても変わってくるかと思いますが、機内ではできるだけ寝て過ごすのをおススメします。 最新鋭の機材ではオンデマンド方式で最新の映画が見れたり、ガイドブックを読み込んで最後の予習を・・・etc、誘惑は多いですが、 できるだけ体力をチャージして現地に到着したいもの。 行きの機内で十分な睡眠がとれれば、着いた瞬間から元気に旅をスタートできます。 まず男性・女性、共通でおススメなのが 1.マスク 2.耳栓(もしくは音楽プレイヤーなど) 3.アイマスク 全部いっぺんに着用すると、怪しすぎてCAさんからキャプテンに不審人物として通報されちゃいそうですが、 機内での快適睡眠には絶対に欠かせない3点です。 マスクは機内の乾燥から喉や顔の皮膚を守ってくれます。 耳栓・アイマスクも、色々な過ごし方の人が混在する空間でマイペースに眠り続けるためには必須アイテムです。 その他、女性のみなさんにおすすめアイテムとしては、 4.大判ストール、カーディガン 寒さ対策。ストールは、寒いときに肩から掛ける以外にもくるくる丸めてクッション代わりにしたり、 ステイ先で素敵なレストランに行く時に、ふわっと肩掛けして上着代わりにしたり、とにかく便利! 旅行にぜひ1枚持っていくことをお勧めします。 くるくる丸めてシワになってしまったら、湯気を立てたバスルームに一晩干してみてくださいね。 5.着圧ソックス&厚手の靴下 長いフライト中、靴からスリッパに履き替えて、着陸前に再度靴を履こうとしたら・・・え?!入らない!というのは、よくある話。 睡眠時用のむくみ防止着圧ソックスはおすすめです。機内は冷えるので冷え性の方は重ね履きの靴下があるとさらに快適。 img_bs_sleep_mediqtto 出典:mediqutto gelato pique 出典:gelato pique ちなみに日系の航空会社の中には、足のむくみ解消用に青竹踏みの用意があるところも。 長距離路線で足がダルいな~と感じたら、CAさんに聞いてみてくださいね。 6.スリッパ(サンダル) 海外のホテルでは、たまーにスリッパがないホテルも。リラックスタイム用のスリッパかサンダルは1足必要。 スリッパの方がリラックスできますが、そのままホテル内をうろちょろしてもマナー違反にならないスリッパ以上の楽ちんサンダルが、 汎用性がありおすすめです。 また、機内のトイレは床がビチャビチャのこともあるので、その面でも布製のスリッパよりもサンダルがおススメです。 機内に持ち込んでおくと、ちょっと席を立つ時にわざわざ靴を履かずにすみます。 ugg 出典:UGG フカフカで気持ちよさそう♡ ugg3 出典:UGG 7.ハンドクリーム、リップクリーム 乾燥対策にぜひ。ハンドクリームをたっぷり塗り、コットンの手袋をはめておくと、さらに乾燥を防げます。 lavender_handcream 出典:Jurlique 私が現役のころに大流行だったのは、これですね。 テクスチャーは超濃厚でカラッカラの機内にはピッタリ。 ナチュラルなラベンダーの香りでリラックスできます。 lineup_p_01 出典:vaseline リップもハンドも、身体じゅうどこにでも使えるvaselineならこれ1つでOK。 できるだけ荷物を減らしたい人におすすめです。 8.ミネラルウォーターと軽食 機内にも用意はありますが自分でも持ち込みます。 機内食が美味しいといいのですが、そうでもないことも多々あり・・・そして、ついつい食べ過ぎてしまう機内では、自分のペースで自分の好みに合うものを適量頂きます。 ただし検疫が厳しい国では、到着時に罰金、没収されることもあるので注意。 持ち込み禁止品は、到着までにおなかに入れて消費するか、CAに渡してくださいね。 ミネラルウォーターも頼めばもらえますが、いつでも飲めるように手元に1,2本用意があると安心です。 9.歯ブラシ エコノミークラスだとアメニティとして用意されていない航空会社も。 念のため持参することをお勧めします。 10.ボールペン これは私が現役の時、本当ーによくリクエストされました。 機内にも会社のロゴ入りボールペンの搭載はありますが、ほとんど返ってこなかったり。 機内用ボールペンが不足して、仕方なく自分のボールペンをお貸しして、返ってこなかった時の悲しさといったら・・・ そして、律義に返してくださるお客様は、後光が差して見えました。 入国書類を書いたり・・・etc海外旅行では、ボールペンは必須です! 必ず1本は携帯しましょう。 その他、常備薬、化粧品・・・etc、各自必要なものでしょうか。 頭痛薬や風邪薬などは機内にも用意がありますが、普段飲みなれたものを持って行った方が無難です。  
  • おすすめの機内ファッション

ありがちなジーンズなどは、長時間のフライトには向いていません。 とにかく締め付けのないゆったり楽ちんなものを。 フライト中は体がむくむので、きついガードルなどをつけていると気分が悪くなります。 機内で気分が悪くなってしまった女性のケアで衣服を緩めていたら・・・洋服の下から鎧のような補正下着が!! なんていうこともありました。 女性のみなさんにおすすめなのは、ワンピース。 柔らかくストレッチのきいた、黒など濃いめの色がおススメです。 フライト中の急な揺れや、跳ね上げ式のテーブルでコーヒーをこぼしちゃった!・・・なんて時も、濃い色味なら多少汚れても目立ちません。 スカートだと着圧ソックスをはくのも簡単ですし、ステイ先で急に正装が必要になった時にも、 シンプルな黒のワンピースは活躍します。 foxey 出典:FOXEY 上品な雰囲気を醸し出すベロア素材にもかかわらず、ストレッチ性に富んでいて、万が一汚れても自分で洗える、こんなワンピがおススメ。 マキシ丈のワンピースやガウチョパンツなどは、トイレの床にスソがつかないようにたくし上げつつ・・・というのが意外と大変。 膝丈~ひざ下くらいの長さがおススメです。 アクセサリーストールで華やかさを加えれば、移動用のリラクシングウエアが素敵なホテルやレストラン対応ワンピにランクアップ。 pear_long 出典:Shino Eclat bezel_long 出典:Shino Eclat brillant 出典:Shino Eclat 合わせるアクセサリーはクラス感がでる上質なものを。 程よく肩の力が抜けつつも、上質素材のリュクスなロングネックレスは、バカンス中のドレスアップにぴったり。 持っていく洋服を厳選しなくてはいけない旅行中に、アクセサリー、ストール、スカーフなどは、洋服ほどかさばらないのに手持ちの服に変化をつけることができ、とっても便利です。 シンプルな服+合わせる小物でいろいろなシーンに対応できますよ! ただし、治安の悪い国ではキラキラは控えめに。 リゾート地などからの復路便で、露出度高めなロコスタイルで搭乗してくる方がいますが、絶対にやめた方がいいです。 機内は寒いことが多いので、自分である程度調節できるように、必ず羽織物を持って乗ってくださいね。 南国からの搭乗でも、1枚上着を手に持っていると・・・一気に”旅慣れた人感”が出てきます! 次回は、機内編です!]]>

コメント

comments

最新情報をチェックしよう!
>20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

オンナの生き方は肌に出ます。幸せなオンナの人生は肌が語っています。ここはひとつ、腹を決めて自分に責任を持とう!

40代からは自分で自分の身体にもっと向き合って、しっかりと生きていきたいあなたなら、活エネルギーのある「美肌」がきっとこれからのあなたの人生最大のテーマのはず。

しみ、しわ、たるみ、くすみ、ほうれい線が気にならなくなると年齢なんて気にならない。いつもご機嫌で楽しくて仕方がない毎日。mimiはそんな宝石のように素敵に年齢を重ねていく、40代からの「ジュエル世代」を応援するWebメディアです。

美肌のための活エネルギーは生き方から肌へつながっている。だから簡単、これだけ、時短、など自分に対する投資の手抜きなんてもったいない!

自分は絶対に自分を裏切らない。だからこそ、一番大事な「自分」にキチンと向き合いたい。そんなあなたに美肌の活エネルギーをチャージに役立つ情報をシンプルにお伝えします。mimiがあなたの素敵なライフスタイル・エッセンスになりますように!

mimi編集長 熊手えり

CTR IMG