結婚指輪(マリッジリング)の基礎知識♡幸せな結婚のための第一歩

結婚指輪の歴史を紐解くと、結婚の意味が見えてくる

結婚式で二人の愛を誓い合い、お互いに結婚指輪(マリッジリング)をはめあう瞬間は、憧れのシーンですよね。 結婚式での指輪交換 でもどうして結婚する時に指輪を交換するの?結婚指輪の意味って? 幸せな結婚を夢見るあなたのために、その疑問にお答えしたいと思います。

スポンサード

結婚指輪の習慣は古代ローマ時代から始まったと言われています。 一説によると、9世紀にローマ教皇ニコラウス1世が、契約のしるしとして鉄製の指輪を用いたことが始まりだとか。 相手から贈られた指輪をはめるということは、すなわち「約束を必ず守る」ことを意味したそうです。 そう、結婚という行為には「契約」の意味合いが・・・ https://www.instagram.com/p/BCfBNcIMvuy/
出典:ShinoEclatのinstagram

もう少しロマンチックに表現すると「誓い」とも言いますね。 結婚指輪は「結婚の証」としてお互いが交換するものなのです。 ローマが豊かになると、結婚指輪はやがて金製に。 現在でも欧米では結婚指輪は金のウェイトが高いですよね。 日本では圧倒的にプラチナですが、そのことについてはまたの機会に。

輪(リング)は終わりない愛の象徴


出典:ShinoEclatのinstagram 切れ目のない「輪」の形は「永遠」を意味しています。 結婚指輪は、永遠の愛を誓うにはピッタリのアイテムなのです。

結婚指輪を左手の薬指にする理由って?



出典:ShinoEclatのinstagram

結婚指輪を左手の薬指にすることは広く知られていますが、その理由を知っている人は少ないかも。 「利き手に着けたら邪魔だからでしょ?」ってそんな単純なことではありません。 古代ギリシャでは、左手の薬指には心臓に繋がる太い血管があるとされていました。 心臓(ハート)につながる左手の薬指に指輪をはめることで、結婚の誓いをより強いものにするという意味があります。

結婚指輪は必ず着けないとダメ?


ミルグレイン・エッジの結婚指輪
出典:ShinoEclat 結婚指輪(マリッジリング)は、「結婚の証」として男女が身に着ける特別なペアリングです。 結婚指輪は二人の愛の証であるのはもちろん、「私は結婚しています」と自分にパートナーがいることを周囲に伝えることによって、浮気防止の意味もあります。   繰り返しになりますが、古代から結婚というのは「契約」です。 現代では婚姻届という「契約書」まで存在しますが、婚姻届は役所に提出したら二度と目に触れることはないでしょう。 二人の絆を深め、愛が続くようにと祈りが込められた結婚指輪は毎日身につけるもの。 結婚してからずっと、お互いの存在と愛情を思い起こさせてくれる、大切な誓いの指輪なのです。

コメント

comments

最新情報をチェックしよう!
>20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

オンナの生き方は肌に出ます。幸せなオンナの人生は肌が語っています。ここはひとつ、腹を決めて自分に責任を持とう!

40代からは自分で自分の身体にもっと向き合って、しっかりと生きていきたいあなたなら、活エネルギーのある「美肌」がきっとこれからのあなたの人生最大のテーマのはず。

しみ、しわ、たるみ、くすみ、ほうれい線が気にならなくなると年齢なんて気にならない。いつもご機嫌で楽しくて仕方がない毎日。mimiはそんな宝石のように素敵に年齢を重ねていく、40代からの「ジュエル世代」を応援するWebメディアです。

美肌のための活エネルギーは生き方から肌へつながっている。だから簡単、これだけ、時短、など自分に対する投資の手抜きなんてもったいない!

自分は絶対に自分を裏切らない。だからこそ、一番大事な「自分」にキチンと向き合いたい。そんなあなたに美肌の活エネルギーをチャージに役立つ情報をシンプルにお伝えします。mimiがあなたの素敵なライフスタイル・エッセンスになりますように!

mimi編集長 熊手えり

CTR IMG