ビスコーニュの作り方

いびつな形がかわいいフランス生まれのピンクッション、ビスコーニュの作り方

ビスコーニュとは形が特徴的で、刺繍のかわいいピンクッション。
オーナメントとして使ってもかわいいです。

ビスコーニュはフランス語で「いびつな」という意味。正方形の布を縫い合わせて作ります。
八角形、15面体など、形のバリエーションも多いです。
ビスコーニュの作り方
<ビスコーニュの材料>
・刺繍糸
・刺繍布(ジャバクロス細目を使用。15cm×15cmを2枚)
・刺繍針
・綿
・ビーズ(2個)
・縫い糸(ビーズをつける用)

今回は下のオリジナルの図案を使用して作っています。
糸の色や刺繍の柄を変えて、あなた好みのビスコーニュを作ってみてください。

まずは刺繍から

柄の部分はクロスステッチ、外周の線はバックステッチで刺繍します。
(今回、糸は3本どりにして刺繍しました)

クロスステッチの基本

表の図案

裏の図案

バックステッチのやり方

仕立てます


1.刺繍を完成させる

ビスコーニュの作り方 刺繍 needlestick_recipe_1 2枚の刺繍を完成させます 柄はクロスステッチ、外周の線はバックステッチ

2.余分な布を切る

ビスコーニュの作り方 バックステッチneedlestick_recipe_2 バックステッチから約5目分を残して、布を切ります。

3.アイロンをかける

ビスコーニュの作り方 アイロン needlestick_recipe_3 縫い合わせやすいように、バックステッチに沿って布を折り、アイロンをかけます[/one_half][one_half]

4.二枚の布を合わせる

ビスコーニュの作り方 合わせる needlestick_recipe_4 1枚目の辺の中央と、2枚目の角を写真のように合わせます。

5.縫い合わせる

ビスコーニュの作り方 縫う needlestick_recipe_5 刺繍糸を2本どりして、2枚のバックステッチの糸を同時にすくいながら、縫い合わせていきます。(最後まで縫わず、綿を詰める隙間を残しておく)

6.綿を詰める

ビスコーニュの作り方 綿をつめる needlestick_recipe_6 綿をクッションが少し固くなるくらいまで詰めます。

7.隙間を閉じる

ビスコーニュの作り方 閉じる needlestick_recipe_7 最後まで縫い合わせます

8.ビーズを付ける

ビスコーニュの作り方 ビーズ needlestick_recipe_8 縫い糸でビーズを両面に付けます。中心が窪むように糸を引いてください。

9.完成

ビスコーニュの作り方 完成 needlestick_recipe_9 表面 ビスコーニュの作り方 完成 needlestick_recipe_10 裏面

コメント

comments

ビスコーニュの作り方
最新情報をチェックしよう!
>20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

オンナの生き方は肌に出ます。幸せなオンナの人生は肌が語っています。ここはひとつ、腹を決めて自分に責任を持とう!

40代からは自分で自分の身体にもっと向き合って、しっかりと生きていきたいあなたなら、活エネルギーのある「美肌」がきっとこれからのあなたの人生最大のテーマのはず。

しみ、しわ、たるみ、くすみ、ほうれい線が気にならなくなると年齢なんて気にならない。いつもご機嫌で楽しくて仕方がない毎日。mimiはそんな宝石のように素敵に年齢を重ねていく、40代からの「ジュエル世代」を応援するWebメディアです。

美肌のための活エネルギーは生き方から肌へつながっている。だから簡単、これだけ、時短、など自分に対する投資の手抜きなんてもったいない!

自分は絶対に自分を裏切らない。だからこそ、一番大事な「自分」にキチンと向き合いたい。そんなあなたに美肌の活エネルギーをチャージに役立つ情報をシンプルにお伝えします。mimiがあなたの素敵なライフスタイル・エッセンスになりますように!

mimi編集長 熊手えり

CTR IMG