大切な日のおもてなし。ハンドメイドのロゼットで感謝の気持ちを伝えよう

ロゼットで素敵なウエディングを♡


リボンの勲章”ロゼット”を知っていますか?

View this post on Instagram

この2週間夜な夜なロゼットボードを作る日が続いています(灬˘╰╯˘灬) そして今日は昼間から pastel colorのA3サイズでオーダー頂いたロゼットボードを作成中❤︎ かわいい❤︎❤︎ 個人的にはBlue系が好きだからBlue&Greenのpastel colorでボード作ってもかわいいだろうなぁ❤︎ #ロゼット#ロゼッタ#rosette#wedding#ブライダルロゼット#ブライダル#ウェディング#bridal#bride#groom#bigday#happyda#followme#love#lovely#cute#happy#ウェディングフォト#weddingPhoto#ブライダルフォト#前撮り#後撮り#ロゼットボード#ウェルカムボード#ウェルカムロゼット

A post shared by ❤︎Seas Room❤︎ (@seas0408) on


ロゼットは相手を敬い、称える象徴で 大切な人をおもてなしするために使われる ヨーロッパではポピュラーなものだそう


ロゼットに新郎新婦やゲストの名前、メッセージを書いて 結婚式をおしゃれに演出♪とっても素敵ですね

ハンドメイドでロゼットを作ってみよう


手作りすれば、愛着がわくし、ゲストも喜んでくれるはず! ロゼットの作り方は何通りもありますが、 今回は針と糸を使わない とっても、簡単な作り方をご紹介します! ロゼットのつくりかた 手作りロゼットで素敵なウエディングを演出 材料 ・リボン ・モチーフ(ボタンなど) ・型紙(厚紙) ・裏面(布など。おすすめはフェルト) ・両面テープ ・接着剤 定規やペン、ハサミもご用意くださいロゼットのつくりかた 型紙に円を描き、円を12等分する線を引きます。円の直径は、リボンの幅の2倍くらい。 型紙に円を描き、円を12等分する線を引きます。円の直径は、リボンの幅の2倍くらい。ロゼットのつくりかた 型紙を丸く切り出し、12枚のカットしたリボンを用意します。 型紙を丸く切り出し、12枚のカットしたリボンを用意します。ロゼットのつくりかた 両面テープの半分の位置にリボンのを貼ります 両面テープの半分の位置にリボンのを貼ります。ロゼットのつくりかた リボンを二つ折りにし、残しておいた両面テープに貼ります リボンを二つ折りにし、残しておいた両面テープに貼ります。ロゼットのつくりかた 写真のように、リボンをガイドに合わせて貼ます。1枚目は両面テープを剥がさないでください。 写真のように、リボンをガイドに合わせて貼ます。1枚目は両面テープを剥がさないでください。ロゼットのつくりかた 2枚目からはテープを剥がして貼ります。 2枚目からはテープを剥がして貼ります。 ロゼットのつくりかた 12枚すべて並べたら、1枚目のテープも剥がして貼ります。 12枚すべて並べたら、1枚目のテープも剥がして貼ります。ロゼットのつくりかた 残ったリボンでテールを作ります。 残ったリボンでテールを作ります。ロゼットのつくりかた 裏面にテールとカットした布(フェルト)を貼ります。 裏面にテールとカットした布(フェルト)を貼ります。[ロゼットのつくりかた 表面にモチーフを貼ったら出来上がりです。 表面にモチーフを貼ったら出来上がりです。

自分好みのロゼットを作ってみてください。

コメント

comments

最新情報をチェックしよう!
>20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

オンナの生き方は肌に出ます。幸せなオンナの人生は肌が語っています。ここはひとつ、腹を決めて自分に責任を持とう!

40代からは自分で自分の身体にもっと向き合って、しっかりと生きていきたいあなたなら、活エネルギーのある「美肌」がきっとこれからのあなたの人生最大のテーマのはず。

しみ、しわ、たるみ、くすみ、ほうれい線が気にならなくなると年齢なんて気にならない。いつもご機嫌で楽しくて仕方がない毎日。mimiはそんな宝石のように素敵に年齢を重ねていく、40代からの「ジュエル世代」を応援するWebメディアです。

美肌のための活エネルギーは生き方から肌へつながっている。だから簡単、これだけ、時短、など自分に対する投資の手抜きなんてもったいない!

自分は絶対に自分を裏切らない。だからこそ、一番大事な「自分」にキチンと向き合いたい。そんなあなたに美肌の活エネルギーをチャージに役立つ情報をシンプルにお伝えします。mimiがあなたの素敵なライフスタイル・エッセンスになりますように!

mimi編集長 熊手えり

CTR IMG