元CAが教えます!特別機内食でミールサービスを満喫できる裏ワザ。

機内快適グッズも用意し、好みの席も抑えた! あとはフライト当日を迎えるのみ! ここまで来たらもう快適な空の旅は約束されたも同然!!
・・・ですが、知っているとさらに空の旅を快適にできるテクニックをご紹介。
健康上の理由や、宗教上の理由などで、食べられないものがあるときは、特別食(スペシャルミール)をオーダーしましょう。
乳児用、子供用、糖尿病用、ベジタリアン用、シーフードのみ、フルーツのみ、ヒンズー教用、イスラム教用、ユダヤ教用・・・など、色々なスペシャルミールがありますよ。
ベジタリアンミールでも、ヴィーガンの方用、乳製品はOkなベジタリアンの方用、アジア風ベジタリアンミール・・・など様々です。

基本は健康上や宗教上、食べられないものがある人向けですが、「ダイエット中だから野菜だけのベジタリアンミールにしよう。」とか「深夜便だから、フルーツを軽めに食べて早く寝てしまおう。」とか「お肉が嫌いだから、お魚の食事がいいなあ。」とか「いつもこの路線に乗っていて、同じメニューに飽きてしまった・・・。」そんな理由でもリクエストOKです。
ただ「これだったら普通の機内食がよかった・・・。」という場合もあります。
くれぐれも自己責任でお願いします。

特別機内食(スペシャルミール)は、たいてい一番最初に提供されるので、一番後方の座席に座っても、一番最初にお好みの食事を出してもらえます。
お肉とお魚、などミールチョイスがある場合、客室後方だともうチョイスが残っていないことも。
でも、スペシャルミールを頼んでおけば、”本当はお肉が苦手・・・お肉の方だとほとんど食べられるところがないなあ”なんていう悲しい思いをすることもなくなりますね。

スペシャルミールは事前申し込みが必要ですが、子供用の食事などはオーダーし忘れても対応可能なこともあります。
チェックイン時にカウンターで確認をしてみてください。

JALの特別機内食(スペシャルミール)

JAL – 日本航空の特別機内食メニューのページはこちら。

フルーツミール

JAL-特別機内食-フルーツミール

ベジタリアン

JAL-特別機内食-ベジタリアンミール

チャイルド

JAL-特別機内食-子どもミール

ANAの特別機内食(スペシャルミール)

ANA – 全日空の特別機内食メニューのページはこちら

フルーツミール

ANA-特別機内食-フルーツミール

ベジタリアン

チャイルド

ANA-特別機内食-子どもミール

mimi的、おすすめ特別機内食

こちらはコーシャーミールというユダヤ教徒向けのスペシャルミール。

JAL – ユダヤ教ミール

ANA – ユダヤ教ミール

ANA-特別機内食-ユダヤ教徒用ミール
お祈りをして封がしてあるので、お客様ご自身で開封して頂いたあと、CAが再度お預かりし、ヒートアップして提供します。 スペシャルミールの中ではかなりおいしいと評判です。もちろんユダヤ教徒じゃなくてもオーダーできます。 提供する側としては、スペシャルミールが増えるとなかなか煩雑になり大変なのですが、機内食も楽しい旅の思い出の1つ。 シチュエーションや好みに応じて、是非いろいろ試してみてくださいね。

元CAが教えます!機内食必勝法 ーフルーツミールのお話 ー

女子的に特別機内食の“フルーツミール”は大人気!
だけど、当たり外れがあると思いませんか?
ここで、次回は元CAのSHIZUKOが教えるフルーツミールのお話を致します。

コメント

comments

最新情報をチェックしよう!
>20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績(ココシャネル)

オンナの生き方は肌に出ます。幸せなオンナの人生は肌が語っています。ここはひとつ、腹を決めて自分に責任を持とう!

40代からは自分で自分の身体にもっと向き合って、しっかりと生きていきたいあなたなら、活エネルギーのある「美肌」がきっとこれからのあなたの人生最大のテーマのはず。

しみ、しわ、たるみ、くすみ、ほうれい線が気にならなくなると年齢なんて気にならない。いつもご機嫌で楽しくて仕方がない毎日。mimiはそんな宝石のように素敵に年齢を重ねていく、40代からの「ジュエル世代」を応援するWebメディアです。

美肌のための活エネルギーは生き方から肌へつながっている。だから簡単、これだけ、時短、など自分に対する投資の手抜きなんてもったいない!

自分は絶対に自分を裏切らない。だからこそ、一番大事な「自分」にキチンと向き合いたい。そんなあなたに美肌の活エネルギーをチャージに役立つ情報をシンプルにお伝えします。mimiがあなたの素敵なライフスタイル・エッセンスになりますように!

mimi編集長 熊手えり

CTR IMG